HOME > ブログ > 阪本 敏宣 > 睡眠不足は10年分の老化

ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る

睡眠不足は10年分の老化

睡眠不足による人体への障害

1
日における睡眠時間が5間と7間では男性の7間睡眠に比べ5間睡眠の方が睾丸のサイズが小さいことがわかってきました。

5間睡眠の方と7間睡眠の方ではテストストロンが実際年齢より10倍違うことがわかりました。
つまり睡眠時間が
5間と7間では5間睡眠の方は10年老化していると考えられます。

 

それは女性も同様に同じです。
 

良質な睡眠がもたらす効用は記憶力を2倍にすると言われています。
 

また睡眠不足によりナチュラルキラー細胞(免疫)が約70%減少します。
 

何百万人の研究結果から睡眠時間の不足が死亡のリスクをあげると言う事は明らかとなりました。

端的に言って睡眠不足によって悪影響を受けずに健康でいることができない。
 

5間睡眠と8間睡眠では心臓疾患に対するリスクの増える。
 

また近年アルツハイマーの原因は睡眠不足による認知力の低下と言う点も新しくわかり始めた分野です。
 

睡眠の質とは生物学的に必要なもので皆さんにとって大切な生命維持装置であり
人間の持つ最強の万能薬であると言うことであります。

 

つまり、睡眠の量と質を上げる必要があります。
 

よく眠る方法はたくさんありますが、
まず
1つは身体深部温度摂氏1から1.5と下げる。

暖かい部屋よりも少し寒い部屋のほうがよく眠れることがわかっています。
 

また睡眠時に感じられないほどの微弱な電気脳波と同じような電気を送ることによって睡眠の質を上げることができます。
 

当院ではよく眠れるために最小で感じないくらいの微弱電流を脳波に送ることによって短時間で良質な睡眠を得て、脳のリカバリーを手伝いすることができます。ご要望がある方はお気軽にご相談ください。

一度体感していただければ短時間でこれほどすっきりすると言うことを科学的に理解していただけるチャンスと思います。
 

この先このような治療法が一般的になってくると私たちは考えています。

脳のリラックス脳波が瞑想やマインドフルネスを普段から苦手と思っている方も体感することが可能です。

 

当院ではいち早く取り入れた治療法として、身体を緩めて、骨格を治してから、脳波にリラクゼーション体感していただけることで、身体を再設定をして、新しい体感を感じていただけることをお勧めいたします。

 

施術後にはに帰り道がとても爽やかであることを約束いたします。

 

 

「参考文献」睡眠科学者 マット ウォーカー

 


カテゴリ:

< Prev  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2019/06/24

良い姿勢をとるだけで、ストレス耐久性ホルモンがあがる

パワーポーズのエビデンス否定について考察   良い姿勢をとるだけで、ストレス耐久性ホルモンがあがるという研究が2010年ハーバードビジネススクール、(エイミーカディ准教授) &...

続きを読む

2019/06/05

腰痛に効く認知行動療法とマインドフルネス

認知行動療法とマインドフルネス 腰痛の原因が脳の誤作動によるものだということがテレビなので取り挙げられております。 もちろん脳の誤作動だけではなく物理的な骨格、筋肉に損傷など問題もたくさ...

続きを読む

2019/03/28

手当てとういう治療

古くから人類は、心身を健全な状態に(保つ)、あるいは(戻す)ために、様々な療法を追求し続けてきました。 そして私たちは今、幸いにも伝統的なヒーリングの手法から最新鋭の医学の知識、様々な療法を...

続きを読む

2019/02/27

ここから治癒がはじまる

日本では古来より心身一如の考えの下、心と精神と体を一つのものとして考え、精神と身体は相互に関連しているものと捉えて参りました。健やかな心身を保つために生活様式として呼吸法を用いて心の安らぎを培う禅...

続きを読む

2018/12/06

冷えは脂肪となる

なんと女性の8割が冷えに悩んでいます。 冷えている部分(下半身、二の腕、下腹部)は血流不足により体温と代謝が下がることで、むくみやすく、結果として脂肪が付きやすくなりダイエットの邪魔をします。 結果...

続きを読む